13、男女の肌

男性の皮膚は厚く、女性の皮膚は薄い。これはホルモンの性質によって決まっていて、男性ホルモンは皮膚を厚くする作用があり、女性ホルモンは皮膚を薄くする作用がある。男性はその影響で皮膚が厚くなり、結果として保護力が増すのだが、人間の女性にとっては悩みの種となる。競走馬にとっては皮膚が薄い(薄く見える)というのは価値があることなのだが。悩みの種とはどういうことかというと、皮膚が薄いことで、様々なお肌のトラブルを引き起こすからである。だから女性にはしわ、たるみ、カラスの足跡と言われるような小じわ、イボの前兆になるようなシミなどが多くなるのである。
男性の肌ケアは肌のタイプ、水分含有量が少ないドライ、平均的なノーマル、水分と共に脂分も多く含むオイリーなどに合わせた洗顔をすればで十分だ。洗いすぎは、天然の保湿成分である、肌の保護に必要な皮脂まで洗い落してしまうので逆効果だ。
反対に女性は細やかなケアが必要となる。化粧品かぶれやアレルギーに気を付けながら、自分だけのケアの方法を見つけてほしい。
ちなみに洗顔時はぬるま湯が欠かせない。冷たい水は肌に悪く、血行不良を招く。熱い湯ではその刺激により老化を招く。是非、注意してもらいたい。