3、産後の肌ケアについて

出産を経験したことがある人なら肌ケアに悩まされた経験も持っているでしょう。妊娠中に生じた肌トラブルに悩まされる、あるいはこれまで使用していたスキンケア製品が合わなくなってしまう。こうした悩みを改善するためには産後の健康状態に合わせた肌ケアが必要です。

産後の肌ケアについてもっとも注意したいのが、ホルモンバランスの変化。妊娠中はお腹の赤ちゃんを育てるためにさまざまなホルモンが分泌されたり、逆に分泌量が減ったりします。そのため全体のホルモンバランスが乱れてしまうことが多いのです。その結果、肌が敏感な状態になり、これまで使用していたスキンケア製品では刺激が強すぎてしまうこともよくあります。また、妊娠中・産後のストレスや不安がターンオーバーを乱したり、栄養不足が肌荒れをもたらすケースもあります。この場合にはスキンケアは最小限、ホルモンバランスが落ち着くまで待つのが一番です。

それからシミの問題。妊娠中にシミができてしまうケースもよくあります。これもホルモンバランスの影響があるほか、紫外線対策がどうしても普段よりも疎かになってしまう点も原因として挙げられます。この場合、シミを除去する効果のある美白化粧品を使用するのもひとつの方法ですが、産後の肌には少々刺激が強い面もあります。まずは生活習慣を整え、肌のターンオーバーを正常に戻すことが第一となるでしょう。数ヶ月程度で自然となくなることも多いものです。こうした基本的な点を踏まえながらケアを行っていきましょう。